トップページ > 観る > 歴史 > 堀川運河

堀川運河

ほりかわうんが (エリア別:油津

堀川運河と石橋と寅さん

広渡川河口から油津港を結ぶ「堀川運河」は、飫肥藩が飫肥杉の運搬を効率的に行うためにくられた運河です。1686年に飫肥藩主伊東祐実(すけざね)の命により二十八ケ月の歳月をかけ完成しました。

当時の難工事を伝えるエピソードとして、運河を通すには50mもの岩盤を掘削する必要があり、工事を命じられた奉行は、運河掘削を断念しようとしましたが、祐実は「やっていないうちから弱音を吐いては恥ずかしいことだ。何年かかってもやり通せ。」と叱咤激励したと伝えられています。その祐実の強い意志が油津港発展の礎となりました。

平成4年には、堀川運河に架かる堀川橋を舞台に「男はつらいよ寅次郎の青春」が撮影されました。「ちゃっぷん ちゃっぷん」という川の流れを聞くと髪結いの亭主におさまった寅さんの笑顔が思い出されます。

オススメ・特徴

  • 堀川運河1683年着工、1686年竣工、延長1,450m、川幅22~36m、水深6m
  • 昭和35年(1935年)に、大改修が行われ流域に貯木場が整備された。
  • 昭和63年(1988年)に、第1回堀川運河まつりが開催された。
  • 台風時には、漁船の避難場所としても活用されている。

施設情報

お問い合わせ先 日南市観光案内所
電話番号 0987-31-0606

周辺マップ

アクセス

  • 油津駅から  距離1km  徒歩15分

フォトライブラリー