しろ銀滴【芋】

昭和天皇への献上酒という名誉に輝いた銘酒

銀滴」は明治28年創業から蔵の看板商品として根強く定着された名称であります。
名前の由来は、蒸留器から一滴一滴落ちる様が銀の滴のごとく光り輝いて見えたところから。
造り手の魂が、その一滴に込められています。

献上酒の名に恥じない風格と味。「しろ銀滴」の味の原点は、こだわりぬいた原料と蔵人の焼酎への情熱に尽きます。
南国の大地で育った黄金千貫の豊潤な旨みが伝統の味を彷佛とさせます。

  • 度数:25度
  • 容量:1800ml
  • 原料:甘藷・米麹
宮崎県日南市北郷町大藤甲898-8
0987-21-7717 (大手門酒造株式会社)
ページトップへ