泰平踊

たいへいおどり (エリア別:飫肥

江戸時代から伝わる郷土舞踊で、初めは町衆によって踊られていた盆踊りです。宝永四年(1707)、対立していた鹿児島藩と和解したことを祝って武士にも盆踊りへの参加が許されました。

踊り手は元禄風の武士姿と奴姿で、踊りは武芸十八般をかたどった優雅さがただよいます。

現在では、飫肥城下まつり等でご覧いただけます。

オススメ・特徴

  • 今町と本町の保存会、かめの子会(飫肥小・中学校児童)によって継承されています。
  • 踊りは二流あり、今町の鶴組と本町の亀組である。姿勢の高低差と歌詞が異なる。
  • 衣装は、大きな朱紐のついた折れ編み笠に顔を包み、着流しに太刀の落とし差し、腰に印籠と元禄の伊達姿である。
  • 県指定無形民俗文化財

施設情報

お問い合わせ先 日南市観光協会
電話番号 日南市観光協会【0987-31-1134】

フォトライブラリー