あま~い にちにゃん

日南はあま~い。

日南には甘いものがたくさんあります。"甘い"と聞くと、スイーツや果物を想像する方が多いでしょう。でも、日南の「甘い」はちょっと違います。天ぷら、みそ、しょうゆ、卵焼き、うどんのつゆ…えっこれが?と思われるようなものが、びっくりするほど甘いのです。

日南は(たぶん)日本一あま~い。

「九州の醤油は甘い!」というのはよく聞かれることかもしれません。

九州でも南へ行けば行くほど甘くなるとされていて、鹿児島が最も甘いと言われることが多いと思います。

でも、それと同じくらい...もしかするとそれより甘いとされる地域がここ、宮崎県の日南市です。

< /div>

県外観光客・移住者に聞きました!初めて日南の料理を食べたときの感想は?

なんで日南はあま~いの?

日南にはカツオやマグロの遠洋漁業の基地があり、船が出て行く時には大量の甘い醤油が積み込まれていきます。

漁師が海の上で魚を食べる時のために、そのままかけて食べて美味しいし、調理時間の短縮にもなる、甘みづけされた醤油が生まれたという説が有力です。

漁師は常に海水に接しているので、塩分補給よりもカロリー補給の方が大切になり、多忙な中ちゃちゃっとかけてすぐ食べれる、手軽な甘い醤油が愛用されるというわけです。

このため、日南の特に海側では、全体的に甘くて濃い味の料理が多いのです。

ページトップへ