トップページ > 観る > 歴史 > 飫肥城下町

飫肥城下町

おびじょうかまち (エリア別:飫肥

伊東家5万1千石の城下町

飫肥は、天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたところです。武家屋敷を象徴する門構え、風情ある石垣、漆喰塀が残る町並みは、昭和52年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

昭和53年に復元された大手門を中心に、松尾の丸藩校振徳堂、伊東家の歴史を綴る貴重な資料が展示されている飫肥城歴史資料館があります。また、 商人町通りには樽を店頭に置いた商家や、格子に壁燈籠、番傘を飾った商家が軒を連ね、町を流れる堀割の清流など、江戸時代を彷彿とさせる町並みが楽しめます

オススメ・特徴

  • 初代藩主は伊東祐兵(すけたけ、工藤祐経の子孫)
  • 豊臣秀吉より九州征伐の功績により、飫肥城が与えられた。
  • 祐兵以来約280年間、14代にわたり伊東家が統治した。
  • 戦国時代は、伊東、島津の覇権争いが84年間にわたった。
  • 飫肥藩の領土 日南市、北郷町、南郷町、宮崎市の南部、清武町、田野町
  • 昭和52年5月18日に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定

施設情報

お問い合わせ先 飫肥城下町保存会
電話番号 0987-25-4533(飫肥城歴史資料館)
営業時間 9:30~16:30
休み 12月29・30・31日
備考
  • 飫肥城跡の見学は無料です。
  • 由緒施設の見学は有料です。
    (由緒施設とは、豫章館、松尾の丸、歴史資料館、小村記念館、旧山本猪平家、商家資料館の6館です。)
    由緒施設共通券
    個人:大人610円 高校生・大学生460円 小学生中学生360円
    団体(20名以上):大人510円 高校生・大学生410円 小学生中学生300円
  • 1館のみの入館料
    入館料 200円

周辺マップ

フォトライブラリー